採用情報

建設コンサルタントとは?

建設コンサルタントとは、道路・湾岸・河川・上下水道・公園など私たちの生活や経済活動を支える社会資本の整備に関わるとても重要な職業です。
これらの整備において、調査・計画・設計等の業務を通じ、社会資本整備の推進に貢献することが建設コンサルタントの仕事です。
それでは、具体的にその業務の流れを見てみましょう。まず、国や地方公共団体は、国民のニーズを的確に捉え、整備(整備は新設・更新・維持の全ての行為を含む)が必要な施設について、企画・調査・計画・設計などの業務を建設コンサルタントに発注します。この段階で設計図面など、いわゆる設計図書が出来上がります。この成果に基づいて、官公庁は、建設会社に工事を発注します。
工事が完成すると発注者による管理が始まり、施設を長期間安全に供用するため、必要な時期に定期点検など維持管理業務が建設コンサルタントにより実施されます。

求める人材について

当社は、これまで建設コンサルタントとして公共事業に関わり、2018年には30周年を迎えることができました。日本は今、社会インフラの多くが維持管理・更新の時代に入り、少子高齢化や環境問題などの厳しい制約の中で各種施設の的確な経営管理が求められています。また、地球温暖化に伴うとみられる激化する自然災害に対し、地域社会の脆弱化の防止も優先度の高い重要課題となっています。
当社は、このような社会情勢の変化に柔軟に対応し、これからの新たな30年へ向け、初心を忘れることなく前進したいと思います。
新卒の皆さん、いろいろな事情で転職を考えている皆さん、私たちは、こんな方を求めています。
私たちと一緒に働きましょう。

相手の思いを感じ取ることができる人材の育成を
大切にしています

技術統括山口 博昭

技術統括 山口 博昭

建設コンサルタントの仕事は、高度な技術力とそれを活かせる自立した人間としての総合力が求められます。
IT(情報技術)の発達に伴い、高度な計算も短時間で簡単にできるようになりましたが、本当に社会に役立つ公共施設は、それに関わる人々の思いの中から創造されるものです。
弊社では、人とのコミュニケーションを通して、相手の思いを感じ取ることができる人材の育成を大切にしています。

若い時でないとできないことは沢山あります。既にやりたいことがある人はその目標の実現に向かってがむしゃらに取り組んでください。
まだ、やりたいことが見つかっていない人は、恐れず何でもチャレンジすることが大切だと思います。
一生懸命やることでどんな所であっても自分の居場所は必ずできるものだと思います。

採用に関するお問い合わせはこちら

TOP